2015年07月29日

マインツ ヨハネス・グーテンベルク大学

こんにちは!

今回は、私が留学している Johannes Gutenberg Universität Mainz ヨハネス・グーテンベルク大学 についてご紹介したいと思います。

正面玄関(?)
DSCF2020.JPG

ヨハネス・グーテンベルク大学、通称マインツ大学は、1477年に活版印刷術で有名なヨハネス・グーテンベルクらによって創立された総合大学です。
在学生は、37,000名程で、キャンパスは一つしかないので、とても広い造りとなっています。

ヨハネス・グーテンベルクの像
DSCF2021.JPG

Georg Forster-Gebäude
DSCF2024.JPG

この緑の建物で、社会科学部の授業を受けていました。
この建物は新しいですが、キャンパス内には、まだ多く古い校舎が残っていて、非常に趣があります。

Mensa 学食
DSCF2025.JPG

Mensa
DSCF2027.JPG

日本でいう学食のMensaメンザです。
学生価格が設定されているので、一食、2ユーロから3ユーロ程で安く食事をとることができます。

人参のシュニッツェル
写真 (17).JPG

この日食べたドイツ料理のシュニッツェルは、人参でできたものでしたが、通常は牛や豚、鶏肉を揚げたものです。
とんかつに似ていて、とてもおいしく、私のお気に入りはマッシュルームソースと鶏のシュニッツェルです!


三島には、国際関係学部と短期大学部しかないので、他の学部の学生と交流することは難しいですが、マインツ大学は、キャンパスがまとまっているので、他学部の学生とも接する機会が多く、刺激を受けました。

それではこのあたりで。
Tschüss!!



posted by 日大国際留学生 at 01:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。